メリットやデメリット

メリットやデメリット

包茎手術の術式というのは、一般的に6種類の術式に分けられることができます。
その術式というのも、その人の症状や予算などによっては行う術式も変わってくるのです。
しかも、メスを使って切る術式もあれば、一切メスを用いないような簡単な術式までと幅広く存在しています。
といったことから、たとえ仮性包茎であってもその度合いによってはメスが必要なのか、それとも必要はないのかというのが違ってくるということなのです。
これだけ包茎手術の術式が存在してくるということは、同時にそれぞれのメリットになる部分やデメリットになる部分というのが備わっているようにも思えます。
ちなみに、包茎手術においてのメリットになる要素といえば、「手術時間が短い」、「早く性行為が行うことができる」、「見栄えがよい」、「元に戻せる」といったところではないでしょうか。
逆にデメリットになる要素は、「手術に時間がかかる」、「性行為が行えるようになるまで時間がかかる」、「見栄えが悪い」、「性的感度が下がる」、「状況により適用が限定される」、「手術後に問題が発生することがある」、といった部分となるでしょう。
さらに掘り下げてみますと、メリットとなる「手術時間が短い」という点で当てはまる術式には「環状切開」や「背面切開」という術式になってきます。
そして、「早く性行為が行うことができる」という点で当てはまる術式に「根元部固定法」、「見栄えがよい」という点で当てはまる術式には「亀頭直下埋没法」や「複合曲線作図法」になります。
最後に、「元に戻せる」という点で当てはまる術式には「ナチュラルピーリング」という術式になってくるのです。
というように、メリットの違いによって適してくる術式というのも変わってくるというのがわかります。
逆に、デメリットという点で当てはまる術式をどうなのでしょうか。
まとめて挙げてみますと、「手術に時間がかかる」という点では「複合曲線作図法」、「性行為が行えるようになるまで時間がかかる」点では「亀頭直下埋没法」、「見栄えが悪い」点では「環状切開」と「背面切開」、「状況により適用が限定される」点では「背面切開」と「ナチュラルピーリング」と「根元部固定法」、「性的感度が下がる」点では「環状切開」、最後に「手術後に問題が発生することがある」点では「背面切開」と「亀頭直下埋没法」と「ナチュラルピーリング」と「根元部固定法」というようになってきます。
といったように、どの術式を見てもメリットになる部分とデメリットになる部分の両方を持ち合わせているのです。


Comments are closed.