Browsed by
月別: 2017年2月

費用面でのリスク

費用面でのリスク

今では、泌尿器科や専門のクリニックなどで簡単に包茎手術が受けられる時代となっています。
手術後の入院も必要なければ、煩わしい通院というのもほとんどといって必要がないからです。
とはいえ、簡単に手術が受けられるといえども、決してタダで手術が受けられるというわけでは決してありません。
女性が行うプチ整形と同じように、包茎手術にもそれに伴う費用というものが必要となってくるのです。
包茎手術を受ける際には様々なリスクがあるのですが、当然のように費用面でのリスクということも視野に入れておかなければならないのです。
ある意味、包茎手術を受ける決心がついたとしても、結局最後にこの費用面で包茎手術を断念せざるを得ない人も当然のようにいます。
まず、包茎手術をして治療を受けますので治療費というものがかかるのですが、包茎手術においては保険が適用外となっています。
ちなみに、真性包茎やカントン包茎など、治療を目的として泌尿器科での包茎手術となればかなり安く費用を抑えることができます。
ですが、それ以外の目的や専門のクリニックでの包茎手術となると保険は適用外となってくるのです。
ということから、保険の適用がないだけでまるまる自己負担で治療費を支払わなければいけない状況から、大変経済的に圧迫があると予想されてきます。
かといって、費用を少しでも抑えようと金額だけを重視して泌尿器科での治療やクリニック選びをしていると、また別のリスクが発生してくる恐れがあるのです。
それは、包茎手術の仕上がりに関するものであり、やはり金額が安いのには何事にも理由があるということです。
実際に包茎手術を受けた人の多くの失敗談に、金額の安いクリニックで手術を受けた結果、縫合の跡が乱雑なため性行為をした時に痛みが走るようになったということがあります。
要するに、勃起時に何かしらに影響が出てくるということです。
また、恥垢が溜まって臭いが発生するようになることもあるようで、金額はそれなりに高いことを覚悟の上でクリニック選びをしなければ、今後の人生に大きな後悔を及ぼす恐れもあるのです。
ペニスというのは、男性においては最大のシンボル的存在でもあります。
ですので、「安物買いの銭失い」になるようなことだけは絶対に避けなければならないのです。
少しのお金をケチったことにより、これから先の長い人生を棒に振る可能性も十分にあるということだけは認識しておきましょう。

日常生活でのリスク

日常生活でのリスク

包茎手術の術式にはメリットになる部分とデメリットになる部分の両方を持ち合わせているのですが、症状によっては術式も変わるということから、結局のところは手術の方法が決まった時点でメリットになる部分とデメリットになる部分の内容というのはすでにわかってくるということになります。
今では、泌尿器科や専門のクリニックなどで簡単に包茎手術が受けれる時代となりました。
とはいえ、その術式というのも行う場所によっては行える術式も変わってくるという点ではまだまだ完全ではないようにも思えます。
ただ、大きく異なることは病気など薬を飲むだけで治るような簡単なものではないということです。
要するに、メスを必要とし切開をする必要がある症状ということをまずは理解しておくことが基本となるのです。
さらに、手術後の傷跡や痛み、それに伴うリスクなどもきちんと頭に入れておく必要もあります。
では、これらの手術後におけるリスクにはどういったことがあるのでしょうか。
まず、手術後に起こる包茎手術のリスクは、手術後の1週間は激しい運動はできませんので、運動選手や日頃から運動をしているという人には手術後には必ず休暇というものが必要となってきます。
メスによる切開をしているため、激しい運動をしてしまうと出血する恐れが高まります。
また、出血することで部位の問題から感染症になり膿んでしまい、より状況を悪化させることにもつながりかねません。
そうならないために、手術後には消毒というものを行うのですが、その時に消毒液が手術箇所に染み込むことを想像すると少なからず痛みが生じるということだけは知っておかなければならないのです。
次に、手術後は性行為を行うことが1週間から2週間は我慢をしなければいけません。
他にも、禁酒であったり入浴を禁止であるなど、日常生活で行っている行為が一時的にではありますが中断せざるおえない状況となってきます。
仮に、夏場の手術を考えているのであれば、お風呂に入れないというリスクを考えなければなりません。
といったことから、本当に手術を受けるとなれば毎日のお風呂が必要となる夏場より、冬場での手術を検討したほうがそれなりにリスクは軽減されるかもしれないのです。
最後に、包茎手術を行わずにそのままでいることにもリスクがあるということも理解しておく必要があります。
包茎というのは基本的には性病になりやすいとされている状態でありますので、手術を受けて非包茎になっておくことで性病になるリスクはかなり軽減されてくるということになるのです。

メリットやデメリット

メリットやデメリット

包茎手術の術式というのは、一般的に6種類の術式に分けられることができます。
その術式というのも、その人の症状や予算などによっては行う術式も変わってくるのです。
しかも、メスを使って切る術式もあれば、一切メスを用いないような簡単な術式までと幅広く存在しています。
といったことから、たとえ仮性包茎であってもその度合いによってはメスが必要なのか、それとも必要はないのかというのが違ってくるということなのです。
これだけ包茎手術の術式が存在してくるということは、同時にそれぞれのメリットになる部分やデメリットになる部分というのが備わっているようにも思えます。
ちなみに、包茎手術においてのメリットになる要素といえば、「手術時間が短い」、「早く性行為が行うことができる」、「見栄えがよい」、「元に戻せる」といったところではないでしょうか。
逆にデメリットになる要素は、「手術に時間がかかる」、「性行為が行えるようになるまで時間がかかる」、「見栄えが悪い」、「性的感度が下がる」、「状況により適用が限定される」、「手術後に問題が発生することがある」、といった部分となるでしょう。
さらに掘り下げてみますと、メリットとなる「手術時間が短い」という点で当てはまる術式には「環状切開」や「背面切開」という術式になってきます。
そして、「早く性行為が行うことができる」という点で当てはまる術式に「根元部固定法」、「見栄えがよい」という点で当てはまる術式には「亀頭直下埋没法」や「複合曲線作図法」になります。
最後に、「元に戻せる」という点で当てはまる術式には「ナチュラルピーリング」という術式になってくるのです。
というように、メリットの違いによって適してくる術式というのも変わってくるというのがわかります。
逆に、デメリットという点で当てはまる術式をどうなのでしょうか。
まとめて挙げてみますと、「手術に時間がかかる」という点では「複合曲線作図法」、「性行為が行えるようになるまで時間がかかる」点では「亀頭直下埋没法」、「見栄えが悪い」点では「環状切開」と「背面切開」、「状況により適用が限定される」点では「背面切開」と「ナチュラルピーリング」と「根元部固定法」、「性的感度が下がる」点では「環状切開」、最後に「手術後に問題が発生することがある」点では「背面切開」と「亀頭直下埋没法」と「ナチュラルピーリング」と「根元部固定法」というようになってきます。
といったように、どの術式を見てもメリットになる部分とデメリットになる部分の両方を持ち合わせているのです。